遺族は納得していません。 通知が守られず事故が発生したこと、それが問題視されていないこと、そこに対策がないまま再発防止策が作られること。

被害者としての思い

被害者としての思い

私の息子は生還した。大田原高校の山岳部として参加しあの隊列にいた。生還はしたが一時、心は死んだようだった。仲間を失った事や助けられなかった事、自分が生き残ってしまった事すべての事が罪悪感になって彼にのしかかった。それでも周りの人達に助けられながら今日という日を生きている。

仲間に生き抜くと誓いをたて必死に生きてる。遺族の方の苦しみには程遠いが、この件に関わった人達はみな苦しんでいる。あの日息子が行方不明との連絡を受け安否確認ができるまでの数時間は地獄のようだった。遺族の方々は今もなおあの苦しみの中にいるかと思うと本当に胸が痛む。一日でも早く原因の究明と責任の所在をはっきりさせる事が、遺族の苦しみを和らげる唯一の事ではないかと考える。教育委員会や高体連の遺族に寄り添ってとの言葉が時々、軽く聴こえる事がある。寄り添って考えていたならば質問に対する回答が、たったの一行だったり報告がA4一枚なんてことはあり得ない。それでも遺族の中には相手を気遣い非難する事ばかりなっていないかと考えている方もおられる。しかし先方からは再発防止策や今後の事ばかりで事故の事は置き去りになっている。本当に遺族に寄り添う気持ちがあるのならまず謝罪と責任をしっかりとってから事を進めてもらいたい。反省無きところに再発防止策は成り立たない。ビーコン一つとってもただ持たせればいいのか。そんな事はないはずだ、持つ人間が使えることが前提だし、ビーコンを持つという事は災害が発生した場合、救助に参加する事を意味する。確かに雪崩のような一刻を争う事態になれば仲間の救助活動が生死を分けることもあるだろう。しかし高校生にビーコンを持たせてしまったら二次災害の危険もある中で救助活動をしなければならない責任が生じる。はたして高校生の部活動としての範疇でそこまでしなければならないのか疑問である。そういった事まで考えて県はビーコンを購入する事を決めたのだろうか。もしその一点だけでも、考えが抜けているのなら、そういった所こそが問題で今回のような事故が起きたのではないか。遺族に寄り添うなら、自分の身に置き換えて考えてみれば自然と辿り着く答えだと思うが、いっこうにそのような様子は見られない。遺族は今も一筋の光も見えない闇を彷徨っている。光明を見出してあげらるのはあなた達だと言いたい。もうすぐ一年が経つ。

息子や仲間たちの身に起きたこと返す返すも無念だ。

 


被害者としての思いカテゴリの最新記事