遺族は納得していません。 通知が守られず事故が発生したこと、それが問題視されていないこと、そこに対策がないまま再発防止策が作られること。

遺族の思い

1/2ページ
  • 2018.06.27

誕生日

今日6月27日は息子の誕生日です。18歳になります。 免許も取れるし選挙権も与えられます。結婚だってできます。 ケーキを買ってお祝いしたいと思います。 息子は自分には似つかわしくない応援団に入った理由 […]

  • 2018.04.27

1カ月

 事故から1年と1カ月が経った。    去年の今頃息子はここに座っていた、こんなことをしていた、ここに行っていたと、1年が過ぎる前は思い出にすがることができた。だけど1年が過ぎ、去年の今頃は […]

教育長の弔問

教育長の弔問    うちには先週の土曜日に来られました。  報道にあったものと同じような以下のようなことを仰っていきました。 「命を守れなかったことは申し訳ありませんでした。」 「今日まで弔 […]

  • 2018.03.27

一年が経って

事故から一年が経ちます。 一年が過ぎて、県教委や高体連への不満ばかりが口から洩れてくる自分の姿を、事故当初は想像もできませんでした。 「なぜ危険な斜面に立ち入ったのか」、「責任をどう考えているのか」、 […]

  • 2018.03.13

那須雪崩事故追悼式

欠席の意思表明   朝、目を覚ましベッドの中で息子の名前を呼び「おはよう」と、声を掛け、遺影に手を合わせ「今日も頑張って生きるよ」と、自分に言い聞かせることから私の一日が始まります。 私は、 […]

  • 2018.03.12

世界に一つだけの花

人生最悪のあの日からもうすぐ1年を迎えようとしています。  突然想像もしなかった息子の死に直面し、あの日から生活が一変しました。仏壇に飾ってある笑顔の遺影を見るたび、綺麗な那須岳を見るたび、息子が運ば […]