遺族は納得していません。 通知が守られず事故が発生したこと、それが問題視されていないこと、そこに対策がないまま再発防止策が作られること。
スポンサーリンク

主張

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とちぎモデル とは?
高校に山岳部は必要なのか?
中止にすればよかったんだよ
バカの連鎖をとめてください
栃木県の高校登山部の現状
教員のプライドのなさ
残雪、雪渓のある山への登山
処分への不満
教師とは、教育現場の学校とは、教育組織とは一体何なのだろうか?
とちぎモデル
風化してしまった通知
登山の引率は教員でないとダメなのでしょうか?
熱中症で生徒が死んでも驚きません
拡大解釈
「冬山でなく秋山」と釈明... 一体なにを言っているのでしょうか?
「口頭で注意」なのか、「口頭注意」なのか... どうでもいいことでしょう
冬山登山再開に断固反対します
教育界は無法地帯なのか?
選択肢がない危険
まるでギャンブルに興じているよう
部活動再開に対する懸念
責任のあり方
この事故の教訓とは
責任のあいまいさと制度設計がないことが許せない
那須雪崩事故は防ぎきれない事故ではなかった
教育長との意見交換
平行線は交わらない
狡猾さと小賢しさに対する失望と怒り
栃木県教職員の懲戒処分の基準改定
栃木県主催の追悼式に欠席した理由
いつまで待てばよいのでしょうか
「春山安全登山講習会」とは一体?
ガイドラインなんてどうせ守る気もないのでしょう?
早くも登山計画審査会は形骸化しているのではないでしょうか
栃木県高校体育連盟「危機管理マニュアル」
登山アドバイザー原則帯同、有名無実化の予感
場当たり的な組織
今まで通りに
引率される生徒も、引率する教員もどちらも不幸
標高1,500メートル
ふるさと納税
県教委 雪上活動を全面禁止する方針
栃木県教育委員会は冬季の登山をどうしても実施したいようです
学校における働き方改革の答申に対してパブリックコメントを送付いたしました
タイトルとURLをコピーしました