遺族は納得していません。 通知が守られず事故が発生したこと、それが問題視されていないこと、そこに対策がないまま再発防止策が作られること。

2017年3月27日に発生した那須雪崩事故の遺族・被害者の会のホームページです。

那須雪崩事故は死亡者8名、重軽傷者40名の学校管理下では最大級の事故でした。

那須雪崩事故について

誕生日

遺族の思い

今日6月27日は息子の誕生日です。18歳になります。
免許も取れるし選挙権も与えられます。結婚だってできます。
ケーキを買ってお祝いしたいと思います。

息子は自分には似つかわしくない応援団に入った理由を先輩に問われ、「自分を変えたかったから」と語っていたそうです。
事実、息子は変わってきていました。親の目から見ても頼りなく見えた息子でしたが、高校に入ってからは顔つきも変わり、頼もしく思えてきました。周りの大高生に感化されたのでしょう。

成長し、変わっていく姿をずっと見ていたかった。
なぜこの場にいないのか、なぜこんなことになったのか、いつまでも納得することはできません。


コメント

  1. 英治 より:

    御GU父様

    何と言葉をおかけしていいのか・・・、言葉が見つかりません。
    ニュースでは、宇都宮は真夏日、と伝えていました。
    ご自愛なさいますように。