遺族は納得していません。 通知が守られず事故が発生したこと、それが問題視されていないこと、そこに対策がないまま再発防止策が作られること。

熱中症で生徒が死んでも驚きません


那須雪崩事故に対する再発防止策とともに、部活動における熱中症の対策について何度も栃木県教育委員会に質問し、意見してきました。現状の熱中症対策は十分なものとは思えません。

熱中症対策に関する通知やガイドラインが文科省やスポーツ庁、県の教育委員会から山のように出されています。また、栃木県高体連からも危機管理マニュアルが発行され、その中で熱中症対策について述べられています。

しかし、どれも「注意喚起を行う」や「競技会等の中断や水分補給を行わせるなど、熱中症予防に努める」との記述があるだけで、WBGTがいくつ以上の場合は大会や部活動を中止すべきだとか中断すべきといった判断基準はなにも記載されていません。

注意喚起し、水分を十分とるように呼びかけさえすれば、現状では気温が40度に達したとしても大会を開催したり、部活動を実施することができます。いつ熱中症によって生徒が倒れ、命を落としてもおかしくない状況です。さらに、熱中症による救急搬送者や死者が出たとしても大会や部活動を実施した教員には責任が及ばないようになっています。

明確な中止の判断基準を示すと、大会や部活動の運営に支障が出てしまうため、そのような記述になっているものと思われます。大会や部活動の運営を第一とし、生徒の命を危険に晒し、判断の責任は現場の教員に負わせている構図となっています。しかし、責任を負うはずの現場の教員も、注意喚起さえ行っていれば熱中症による救急搬送者や死者が出たとしても責任を負うことはありません。

教員はリスクを負うことなく、一方的に生徒がリスクを負い、生命が危険に晒されています。
生徒の命や安全をなんだと思っているのかと問いただしたい思いを抱きます。

死者が出ても驚くに値しない

そのような状況ですので、栃木県下の学校の部活動において、今後熱中症による死者が発生したとしても驚くには値しません。死者が出なかったとしてもそれは運がよかっただけで、ロシアンルーレットの銃に弾は込められている状態です。それはまさに那須雪崩事故が発生する前の登山専門部のような状態であると感じます。

そうは言っても実際の部活動の現場では熱中症対策がなされていて、「熱中症で死者が発生したとしても驚くに値しない」とは言いすぎだと言われる方もいらっしゃると思います。私も那須雪崩事故が発生するまではそのように思っていましたし、事故発生後も問題は登山専門部だけのものであり、他の部活動においては生徒の命はしっかりと守られていると信じていました。

しかし、その思いを踏みにじるような実態を目の当たりにし、部活動という活動においては生徒の命が軽視され続け、今後も事故は発生し続けると思うに至りました。

ある部活動の話

那須雪崩事故で死んだ息子には弟がいます。詳しくは述べませんが、その弟は体育館で行う競技の部活動に所属していました。

この部活動では毎週のように数十kmも離れた体育館や他校に遠征に行き、練習試合や大会に参加していました。なぜだか学校の近郊ではなく、県内でも遠方の地に行くことが多く、県外に遠征にいくことも珍しくはありませんでした。また、定期試験前でも構わず遠征を実施することも多くありました。

遠征地に生徒を送迎するバスのようなものはなく、保護者が当番を決めて送迎をしていました。しかし、遠征は遠方であることことが多く、心配であったため、行きは当番の保護者に送ってもらい、帰りは遠方であっても迎えにいくことが習慣となっていました。

誰も止めようとしない

那須雪崩事故から数か月経ったある夏の日、遠方の地で6つの学校が集まって合同で練習試合を行うとのことで息子を送り出しました。その日は、35℃近くまで気温が上昇する予報が出ていましたが、私も何も想像力を働かせることなく無防備に息子を送り出してしまいました。

夕方近くになり、息子を迎えに遠方の体育館に行き、その場に着いてみて驚きました。
暑い日でありましたが、体育館の中はさらに暑く、誇張抜きで40℃を超える温度であったように思えました。夕方であってもこのような温度なので、昼間はどうだったのだろうか、こんな中で一日中練習試合を行っていたのかと絶句してしまいました。

聞くと、その日は息子の学校だけで試合中に4名もの生徒が熱中症で倒れたそうです。倒れた生徒はその場に居合わせた保護者が体育館の外に連れ出し、冷房を目いっぱい効かせた車に乗せ、体を冷やし、水分を補給して事なきを得ました。4名とも症状としては軽く、大事には至りませんでした。

しかし、熱中症で倒れた生徒らは、水分補給をして症状が軽くなった後再びコートに立ち、練習試合は中止されることもなく続行されたそうです。全くもって信じられない話でした。

他に5校もの学校が集まっていたので、他校の生徒はどうだったのかと尋ねても状況は把握されておらず、合同と言ってもそれぞれが勝手にやっているだけの状態のようでした。6校もの学校が集まっているにも関わらず、「こんな気温で熱中症で倒れた生徒も出たので、練習試合を中止にしよう」と言い出す人は誰もいませんでした。

いくつもの学校が集まり、責任の所在があいまいとなり、危険な気象状態であっても誰も中止にしようと言い出さない状況は、那須雪崩事故を引き起こした春山安全登山講習会となんら変わるところがありません。

那須雪崩事故が発生した後でも、部活動を率いている顧問教員の意識は変わることがなく、生徒の命や安全を軽視していることを見せつけられた事態でした。

その日の気温

その日の練習試合を実施した体育館の近郊の気温の記録です。
最高気温が34℃に達するような一日でした。湿度の記録がないので、WBGTとしてどのくらいなのかわかりませんが、体育館の中はさらに過酷な状況であり、運動は中止すべき気象条件であったことは明白です。

こんな状況で一日中部活動を実施し、熱中症で生徒が倒れる事態となっても顧問教員に対するお咎めはなにもありません。部活動を中止すべき基準がないので、注意喚起さえしていればよいのです。

苦情を申し立てました

その後開催された部活動の保護者会で、顧問教員に対して苦情を申し立てました。

部活動で息子を失った親の立場として、熱中症対策がなされていないこと、倒れた生徒がいても練習試合が続行されたことは問題であると訴え、対策してほしいと要望しました。また、日頃から遠方への遠征が多く、何かあってもすぐに駆け付けられない距離なので心配であり、遠征を控えて欲しいとも訴えました。

顧問教員は、ただ話を聞くだけで、謝るでも対策を約束するわけでもなく、私からの苦情を聞くと困ったような顔をして所用があるとかで足早にその場を去っていきました。

顧問教員の中に、何かを変え、対策を講じようという気持ちはなく、ただうるさいことを言うクレーマーとして扱われたように思えました。

自衛の策

顧問教員のその態度から、今後の対応には期待が持てず、自衛の策を講ずるしかないと考えました。

熱中症計を購入し、息子のバッグにつけました。運動を原則中止すべき気象条件となった場合にはブザーが鳴るように設定し、ブザーが鳴った場合には顧問がなんと言おうと自主的に運動を中止するよう息子に言い聞かせました。
遠征も県外だったり、意義が感じられないものは行かなくてもよいと言って欠席させ、参加する回数も減らしました。

また、栃木県教育委員会にも機会があるごとにこのような事態があったことを訴え、熱中症対策を要望しました。教育長にも何度か直接お話しいたしました。直接その顧問教員に注意するとかではなく、そのような事態を防ぐ対策を教育委員会として実施し、その結果その顧問教員の安全意識も変わってくれることを願っていました。
教育委員会の担当者は「そんことがあったのですか。信じられない事態です。」と言ってはくれましたが、具体的な対応は何もなく、その後に目に見える効果は何も感じることはありませんでした。

結果、部活動の遠征の回数が減ったわけでもなく、熱中症対策もなにも変わることはありませんでした。その後の部活動中に熱中症計のブザーは何度か鳴ってしまったようですが、そのような環境でも部活動は構わず続けられたようです。
そうしてなにも変わることなく次の年を迎えました。そしてまた、同じ日に同じ場所で6校合同の練習試合が実施されると案内が来ました。その日はやはり30℃以上の気温が予想されていました。

自衛としてその遠征は欠席するしかありませんでした。

何も変わらない

その日の練習試合を実施した場所の近郊の気温の記録です。

その日は最高気温36.2℃を記録しています。体育館の中は一体どのくらいの温度になっていたのでしょうか。このような環境の中、一日中冷房もない体育館の中で練習試合を続けてしまうことが信じられません。

それでも幸いなことに息子の学校からは前年のように熱中症で倒れる生徒は出なかったそうです。
水分補給や休憩を十分とるなどの対策はなされていたのかもしれませんが、倒れる生徒が出なかったのは単に運が良かったからに他なりません。もう1~2℃気温が上がっていたとしたら、湿度がもう少し高かったとしたら、元々体調の悪い子がいたとしたら、もう少しの悪条件が揃っただけで大変な事態になっていたのかもしれません。

那須雪崩事故もこのような状況の中発生いたしました。
登山専門部とそこに所属する顧問教員らの慣れと慢心によって、何年も前から大事故がいつ起きてもおかしくない状況でした。そういった状況の中、季節外れの大雪が降り、那須雪崩事故は発生してしまいました。大雪が降ったという悪条件が揃ってしまったのは不運というべきかもしれませんが、事故が発生してしまったのは必然であり、驚くに値しないような状況でした。

熱中症対策も同様の状況です。
現状、死者が出ていないのは、単に今まで運が良かったからです。状況を見ると、那須雪崩事故が起きる前と同じような大事故がいつ起きてもおかしくない状況であり、今後死者が出るような事態に陥るのは必然だと思われます。

部活動で息子を亡くした私のような立場の人間の言葉にも耳を貸すこともなく、この部活動の顧問教員は次の年にもなんら安全に対する対策を講ずることなく部活動を続けています。生徒の命と安全は軽視され続けています。

このような教員を一体どのようにして止めたらよいのでしょうか。
部活動に熱心で、熱血指導をする先生は教育界での評判も良く、発言力も大きいのでしょう。しかし、そういった教員に限って生徒の安全に対する考えは希薄で、なぜだか独りよがりな根拠のない自信を身にまとっています。那須雪崩事故と状況は酷似しているように思えます。

凄惨な大事故が発生する前に、実効性のある対策が講じられ、顧問教員の意識が変わってくれることを願います。これ以上、教育委員会の無策と教員の無謀さによって若い命が失われる状況を見たくはありません。

Print Friendly, PDF & Email

コメント

タイトルとURLをコピーしました