遺族は納得していません。 通知が守られず事故が発生したこと、それが問題視されていないこと、そこに対策がないまま再発防止策が作られること。

バカの連鎖をとめてください


那須雪崩事故は春山安全登山講習会という名の講習会開催中に発生しました。

もし、事故に至らず無事に講習会が終了していたとしたら、登山の安全技術を学ぶことができ、有意義な講習会となったのでしょうか。

私は疑問を感じます。

安全技術を身につけるどころか、安全を軽視する迂闊な登山者を量産しただけで終わってしまったことだろうと感じます。春山安全登山講習会をはじめとした講習会や大会などの行事を通じ、栃木県登山専門部の安全軽視の体質は受け継がれ続け、事故に至ったのだろうと思います。

そして顧問の教員らや栃木県教育委員会の態度や那須雪崩事故に対する対応から判断するとその安全軽視の体質はまだ受け継がれ続けており、連鎖し続けていると感じます。

検証委員会に「漫然と場当たり的」と評された体質も変わっていません。

立山登山の記憶

私は栃木県出身ではなく、富山県の出身です。
今ではどうかわかりませんし、私の学区だけだったのかもしれませんが、30年以上前は富山県下の小学生は6年生時に学校登山で必ず立山連峰の雄山(おやま、標高3,003 m)に登山することが恒例となっていたと記憶しています。  

私も6年生の時に学校登山で立山に登山をした記憶があります。標高2,432mの室堂までバスで行き、そこから登山しました。その時の学校の安全に対する配慮については今となってはわかりません。二百数十人の小学生と教員が一斉に登山していたのですから十分だったとは思えませんし、何人も高山病で気分が悪くなっていたことは覚えています。

途中でライチョウを見かけたり、頂上の神社にちょうどヘリが荷物を運ぶところに遭遇したりして楽しめた記憶があります。それ以外の記憶はもはやはっきりとは覚えていませんが、結構疲れた登山だったという印象も残っています。それでも小学生が登れてしまう山で、比較的容易に登山できるルートであるのだろうと私の意識に刻み付けられました。

恥ずべき軽率な行動

ここから私自身の恥ずべき話をします。

まだ20代の若いころ、標高2,432mの室堂まで車で行き、勢いで小学生のころ登った雄山に登山したことがありました。

ゴールデンウィークの時期です。今では自家用車の乗り入れが制限されていますが、その当時はまだ室堂まで自家用車で乗り入れることができました。自分の車で室堂まで行き、有名な雪の回廊を見て引き返して帰るつもりでした。
しかし、その年は暖冬で、雪の回廊の高さが低く、少し残念な気持ちになりました。その残念な気持ちを解消するために、「ついでに雄山の頂上までいってみるか」ということになり、そこから頂上向けて山道を登り始めました。   小学生でも登ることができたという間違った認識で登山を軽く考え、軽率な行動をとりました。恥ずべきことです。当然装備もなにもなく、防寒ということで少し厚着ではありましたが軽装で、悪天候への対策も何も考えず登りました。それでもその日は快晴で、天気の崩れもなく、なんとか頂上まで登ることができました。
しかし、空気が薄いためか呼吸と心拍が乱れ、最後は数十メートル歩くごとに座り込んでしまうはめになりました。軽率に登ったことを後悔しました。

それ以降は懲りて、登山自体行うことはありませんでした。

バカの連鎖

雄山への登山に対して「小学生が登れるくらいの山なのだから」と甘く考え、装備も高山病への備えもなく、登ってしまいました。小学生の時に登山をした記憶を頼りに甘く考えてしまいました。

私の行動に非があったことは明らかで、他人に迷惑を掛けることなく下山できたことは幸運でした。 自分の考えの甘さを棚に置いての話になりますが、学校登山ではただ登山するだけではなく、登山に関する心構えや安全確認についてもしっかりと教育しないと、私のような迂闊な登山者が増えてしまうと思います。

小学生だった当時を思い出してみると、登山を実施する前日に標高の高い位置にある宿泊地に移動し、高地に体を順応させたり対策はなされていたのだと思います。しかし、それだけでは当時小学生だった私の頭では理解することができず、登山を甘く考え、迂闊な行動をとってしまったのだと思います。

学校登山は、登山や自然に親しみ、山の頂上に到達する達成感を味わうことができるということで教育効果は高いのかもしれません。しかし、しっかりとその意義と安全対策を伝えないと、登山を安易に捉え、私のような迂闊な行動をとるバカな登山者を量産してしまうかと思います。   確認のしようもないかと思いますが、近年山岳遭難者が増加していることの要因の一つとして、意義と安全対策をしっかりと伝えないまま過去に学校登山を実施していたことが挙げられるのではないかと思えて仕方がありません。特に私の年代より上の世代は、安全対策や教育も十分でないまま学校登山が実施されてきたでしょうから。

講習会による迂闊な登山者の量産

今回那須雪崩事故に遭った春山安全登山講習会は、もし雪崩が発生することなく、事故に遭わなかったとしたら、安全技術を習得し、安全に対する意識を高めることができたのでしょうか。

とてもそうは思えません。  

「前日から多量の降雪がある状態でも登山活動をしてもいいんだ」
「経験豊富な先生が進んだのだから、このくらいの斜面は雪崩を恐れず進んでも大丈夫なんだ」
という記憶が植え付けられ、迂闊な行動をとるバカな登山者が増えてしまったことでしょう。  

登山専門部はこの事故があった年だけではなく、長年に渡って迂闊な登山者を量産していたのかもしれません。もしかしたらその量産された迂闊な登山者のために命を落とした方もいたのかもしれません。大学や社会人で遭難したパーティーなどを調査すると、栃木県のこの講習会を受講した人が先導していたなどの事実が確認できるかもしれません。

そして、この事故を引き起こした顧問教員たちも、この講習会で量産されたバカで迂闊な登山者だったのではないでしょうか。   そのような考えに至り、長年安全を軽視し続け、その意識を連鎖させ続けた登山専門部の罪は一層重いのではないかと思うようになりました。

冬山への登山

栃木県では那須雪崩事故が発生する以前、スポーツ庁が原則禁止としている高校生の冬山登山を禁じてはいませんでした。

ある機会に、栃木県では一体なにを根拠として原則禁止となっている冬山登山を実施していたのかと栃木県高体連登山専門部に所属している教員に訊きました。その教員の答えは以下のようなものでした。

「顧問教員に対する冬山の講習を実施して技術を引き継いできた。そのことを根拠として栃木県の高校生の冬山登山を実施してきた。」
「教員を対象とした国立登山研修所の研修は2000年代前半で途絶えていた。しかし、その講習を受けた教員が、新任の顧問教員へ冬山登山の技術を教え、伝えてきた。」  

自分たちは間違ったことはしてこなかった、そのような自信を感じさせるような物言いでした。

確かに、毎年12月末の冬山に新任顧問教員を集め、冬山登山の講習を行ってきたような形跡は確認できました。しかし、その講習会には大田原高校の生徒や真岡高校の生徒も同行しており、講習とは名ばかりのただの冬山登山だったと思われます。

また、その講習内容は、雪崩の危険を教えるなどのことはなく、雪上の歩行などの技術を教えるだけだったようです。安全対策を教えることなく、雪山を楽しむための登山技術のみ伝承するようなそのような講習であったとしか思えません。まさにバカがバカを生むバカの連鎖の典型です。しかし、その物言いからはそれが間違いであることすら認識できていないようでした。  

また、登山専門部が実施してきた海外登山もその連鎖を生み出した元凶の一つであったと思えます。

ロクに安全対策も教育しないまま、登頂のための技術だけを磨き、子供たちそっちのけで海外の山にチャレンジし、自分たちはすごい登山家だと独りよがりの自信を与え、長年バカな登山者を量産してきたのでしょう。

連鎖は断ち切られていない

冬山登山実施の根拠に回答した登山専門部の顧問教員も、事故を引き起こした3人の教員もそのバカの連鎖によって生み出された迂闊な登山者であり、その連鎖を断ち切らない限り今後も生徒の安全は確保できません。そして、今後もさらにバカな登山者が量産されます。 

このバカの連鎖を断ち切るため、登山専門部は事故に対する謝罪だけではなく、今までの自分たちのしてきたことが間違いであったことを認め、その点についても謝罪すべきだと考えます。

その反省がない中では安全軽視の悪しき伝統が断ち切れたとは思えません。

登山専門部のバカの連鎖はまだ続いています。

Print Friendly, PDF & Email

コメント

  1. 井川治 より:

    バカの連鎖をとめてください 」大いに共感します。猪瀬氏は、公認スポーツ指導者資格の何を取得していたのでしょうか?
    その講習内容は、雪崩の危険を教えるなどのことはなく、雪上の歩行などの技術を教えるだけだったようです。」ということは、安全管理ができていたのか、低体温の知識はあったのか、どのていどあったのか?事故のニュースを聞いた時、積雪が1晩で30cmあったならゲレンデでのワカンやアイゼン歩行、すそ野の斜面でピッケル操作など基本訓練に変更しなかったのか?疑問に感じました。結論は、雪山での基本知識がなかったようですね。

    • AAA より:

      猪瀬教諭の会見での発言が本心からのものであれば、「あ、この人何もわかってないな。」ってのが私の感想でした。
      でも、那須であそこまで登って雪崩に遭ったのは猪瀬教諭の指示ではないでしょうし、彼に責任はないと思いますよ(もちろん立場上、広義の意味での責任はあると思いますが)。

タイトルとURLをコピーしました